HOMEに戻る

逃げない姿勢はそれだけで力を持つ


「患者さんとの関係を心の中で切らない」
   この心の姿勢は、驚くほどに力を持つ



確かに気持ちの上で
切ってしまった方が楽なのですが、
その割り切るという姿勢が
ストレスになる場合があります。

私自身がそのタイプだったのですが、
いつもちょっと逃げ腰で愚痴を聞くのも辛いし、
割り切るのも罪悪感が出てくる。

で、どう対処したか、ということですが、
非常に逆説的なのですが、私は思いきって、
患者さんとの心の関係を切らない、
という姿勢に変えました。

逃げないで、
ほんのちょっとでもいいから本気で関わってみようか、
という気持ちに変えました。

すると、どうなったかということですが、
多くの場合、患者さんがよりよく変わっていくのです。

こちらが逃げない姿勢を出したとたんに、
不定愁訴が減ったりするのです。

説教したわけでもないのに、
努力して生活習慣を変えてくる人もいるわけです。

もちろん、右肩上がりばかりではありません。
株みたいに上がったり、下がったりですが、
長期的な視野でいくと、着実に上がっていくわけです。

この人、難しいなあ、
どうかなあと思いながらも、あきらめないで、
せっかく縁会って出会ったのなら、
何とかならないかな、と思って関わっていると、
時間の経過とともにこちらが驚くほど
よくなるケースがたくさん出てきます。

これは意識してやっていると、よく分かります。

こういう体験を積むと、
ストレスだと思って聴いていた愚痴というものが、
また違った形で見えてきます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/47571443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。